Decorating with *hananoco BAZAAR-STYLE*

カラフル・レトロ・キッチュな輸入生地・雑貨の店

ポコアポコ

グアテマラの民族衣装「ウィピル」の織り布でつくられた
ポーチの新しい柄2タイプを入荷しました。
今あるのは全部で4種類。
どれも色使いが独特でレトロな雰囲気があって
ヒトクセある可愛いさに愛着がわきます。

となりにあるのは、
グアテマラの弟」という片桐はいりさんの旅エッセイ本です。
映画「カモメ食堂」の撮影で滞在したフィンランドのことを書いた、
第一弾の旅エッセイ「わたしのマトカ」を読み、
はいりさんの文章と人柄のファンになり、その次に出たこちらも購入。
わたしは、「グアテマラの弟」の方を大変気に入っています。
はいりさんの文章をとおして、
行ったことのない遠い国とそこに住む人にとても惹かれました。
装丁デザインは、ウィピルの模様でしょうか?
よく似ているので、実店舗があったら写真のように
並べてディスプレイしたいなあとおもいました。
本の帯文にある「ポコアポコ」という言葉は、
日本語で「少しずつ少しずつ」という意味だそうです。
(以下本文引用)
日本語で、
「少しずつ少しずつ」
と言うと、こつこつ努力していつか目標を達成しよう、と聞こえるけれど、
「ポコアポコ」
と言われると、ぽこぽこ歩いていればそのうちなんとかなるさ、と聞こえるのがマジックである。
この一文だけでも伝わってくるお国柄。
図書館にも置いてあるとおもうので、一度読んでみてください。 
おすすめです*
広告を非表示にする